読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

熱に羽化されて

はとです。好きすぎてこじらせたうわ言です

我が家から一番近い国外脱出法

今晩は。もうすっかり春めいて来ましたね。はとです。
お気に入りのトレンチコートが大活躍しております。
そのトレンチコートを着た写真を、先日Twitterに載っけました。

 実はもう一ヶ月前という事実には目を背けてほしい。

こんなコメント付きだったので「また台湾行ってきたんですか?」と尋ねられたんですが特に飛行機や船には乗り込んでいません。JR横須賀線だけです。

と言うわけで行ってきました米海軍横須賀基地!

 

きっかけ

今年の2月頃にたまたま見かけた、横浜の映画館「シネマ・ジャック&ベディ」さんのブログでした。

米軍の映画館では当然3Dが観られるというお話 | シネマ・ジャック&ベティブログ

この記事を見た時に「こんなものがあったんだー!」と驚いたのでした。
そこで更にそのブログからリンクしている記事を見てみると、一般公開日に映画館が普通に上映していたから、日本で未公開の作品を観て来た、という記事まで出てくる。
勿論字幕&吹替はなしだけれど、海外で公開されている映画を観れるかもしれない…?

そう思って上映スケジュールを調べてみると、日本で公開中の作品も勿論、『Deadpool』『Zoolander2』『We Are Your Friends 』『The Witch』…と、いつ日本に来るのかもわからないけれど結構な大作や公開は決まってるけどかなり先の話、みたいな作品までが一日に三本くらい上映されている模様。イギリス本国ではスルーが決まった『Gods of Egypt』なんて3D上映ですってよ!(日本の公開も決まりましたが9月です)

これはチャンスがあるなら行くっきゃあるまい、もし当日映画を観れなくても、映画館を見てみたい!
そう思った私は虎視眈々とチャンスを狙っていました。

狙うは一般開放日

そうは言っても他国の軍事施設です。おいそれと入れる場所ではありません。
年に何度か一般開放される日があるのでそれを待つと書いてあったので、気長に待つかと思っていたのですが…なんと3月20日に<日米親善よこすかスプリングフェスタ 2016>なるものが開催されるじゃないですか!
これはチャンスだと思い、いつも付き合ってくださる友人のMさんを連れて行くことにしました。ちなみに二人共横須賀へのイメージがカレーくらいしかないという超初心者です。
ところでスプリングフェスタって何?

映画館空いてる?
そんな状況で当日集合時間をのんびりめに設定したちょうだらだらモードの我々。
横須賀駅に着いてから案内の方にどこから行けばいいのかと尋ねると
「今入場に3時間くらいかかるらしいよ」

…さ、3時間!?

あまりの時間の長さに「か、帰ろうか…」と心が折れかけたのですが、とりあえず行ってみるだけ行ってみようということになり歩いて基地まで向かうことに。
なんとなく流れはあるのでそのまま進んでいく。すぐに列は発見できました。最後尾に並びます。
どこまで進めたら施設に入れるかは初めて来た場所なのでまったく分かりませんでしたが、あまり立ち止まらずに列が動くので「さすがに3時間は待たなくてもいいだろう」と思いながら列に並んでいました。
進んでいくに連れて海が近くなり、記念艦「三笠」が見えてきます。おお、全く戦艦に疎い私ですらその名を知っている!(進撃の巨人に登場するキャラクター、ミカサ・アッカーマンは確かここから取られていましたね)

 f:id:ibara810:20160424230858j:plain

そしてここからカラーコーンで列が仕切られており、ようやく目的の場所に辿り着いてきた実感が湧いてきます。

ここで国外から遊びに来たアメリカ国籍以外の方は入場のためにはパスポートが必須でしたのでお気をつけください。
というか行きの電車で注意事項を読み始める我々(遅い…)

「そういやパスポートってあった方がいいって書いてあった」

「嘘でしょ持ってきてない! 密入国になるのでは…?」

などと馬鹿なことを言っていましたが簡単な荷物検査だけで入ることが出来ました。

不法入国じゃなくて良かった。

なお、並んだ時間は実質一時間くらいという所でした。

中はまるで合衆国!?

ようやく海軍基地の中に入ると、そこは完全に別世界でした。
道路標識がすべて英語! だだっ広い道路を歩くたくさんの人々!
そこは軍事施設というよりは、海外のテーマパークに遊びに来たようでした。
迷彩服を着ているお兄さんお姉さんと記念写真を撮る列ができていたり、芝生に座ってご飯を食べている人たちがいたり。
中に進んでいくと、なんだか学園祭のような雰囲気。

主に出店と、それに野外の音楽パフォーマンスが行われていました。
 野外に作られたテーブルと椅子に食事をしている人たちの多いこと!

f:id:ibara810:20160424235741j:plain

屋台に出ている食べ物がピザやバーガーばかりで、アメリカンな雰囲気を感じます。

それにしてもすごい人でした。

それらをすべて横目に、我々は映画館を探します。
部内者であろう迷彩服のお兄さんたちに「映画館はどっち?」と尋ねたのですが、
私の「Theater」の発音が全く通じず、最終的にスマフォに頼るという始末でした…
その後しばらく「Theater」と唱え続けていた…

遂に来たぞ!これが映画館だ!

言葉の壁と人込みを乗り越えてようやく辿り着いたのがこの「Benny Decker Theater」!

f:id:ibara810:20160425000000j:plain

嬉しい!と全身を使ってはしゃぐ私。 

 

国内にあるけど!国内じゃない!目的地に辿り着いた我々は、ひたすらはしゃいで映画館の前で写真を撮りました。
他にそんなことしてた人いなかった。

映画館の前はテーブルや椅子が並んでいて、皆もりもり食事をしていました。
中に入ると、右手にすぐ売店、目の前にはもう劇場への扉、左手にトイレという1スクリーンの映画館でした。
トイレがめちゃくちゃ混んでいた。
現在公開中の映画のポスターが飾ってあったので、写真を撮りまくる。

 

f:id:ibara810:20160424231339j:plain

ああ、ズーランダー2…!(めちゃくちゃ反射してるけど気にしないでください)

 

f:id:ibara810:20160424231627j:plain

ビル・スカルスガルドどころか主要キャストさえ認識しづらいALLECIANT(ダイバージェント3)
(めちゃくちゃ反射してるけど略)

 f:id:ibara810:20160424231512j:plain

こちらは外のポスターたち。最高なラインナップですね。

 

そしてこちらが劇場内!

f:id:ibara810:20160424231856j:plain

写真から見て分かる通り、残念ながらこの日は映画はやっていませんでした。
代わりに<Seventh Fleet Band>による特別な演奏が行われるとのこと。
映画館内は勿論ドリンクやポップコーンが売っていましたが、外に売ってたピザを持ち込んでいる人がいたりと、のんびりな雰囲気。これも学祭っぽい。
我々もチーズバーガーとコーラを買って演奏を楽しみました。
最近の曲やちょっとカントリー調の曲、しっとりとしたバラードなどのオンパレード!
これが思いの外楽しかった!
特にWALK THE MOONのShut Up and Danceが流れた時は、バンドも会場もテンション最高潮!
会場は立ち見がたくさん出るくらい盛況でした。
途中で席が空くと、怖い顔をしたスタッフさんが次々と新しい人をキビキビと座らせていったのが面白かったです。
隣で聞いていたおじいさんがずーっと体揺らして声を上げて叫んでいて、こちらまで楽しい気分に。
目が合って笑ったりしていたら、最後には「うるさかったでしょう」と言われたので「そんなことないです、楽しかったです」と答えたら握手をして去って行かれました。

終演後は、バンドマンたちがステージの下まで降りてきていろんな人と写真を撮っていました。
私もちゃっかり撮ってもらった。

f:id:ibara810:20160424232614j:plain

実はこのバンド、アメリカ海軍内に存在する11のバンドの内の一つで、日本ではこの横須賀基地にしか存在しない大変貴重なグループでした。こういうお祭りとか式典の時にしか見られないそうです。

 

まだまだ楽しい!異国感!

映画館を後にした我々は、のんびり基地を一周しました。
(入らなかったけど)フードコートと長蛇の列を眺めたり、黄色い消火栓にわくわくしたりと満喫しています。
映画館以外の娯楽施設として、ボウリング場がありました。中ではプレイしている人も。

f:id:ibara810:20160424232127j:plain

 

 

奥には野球場もありました。こういう所もアメリカっぽい。

あと当然と言わんばかりにマクドナルドがあったので「これでもしアメリカと同じメニューだったら頼もう!」とわくわくしていたのですが流石にそれはなかったです。

ぶらぶらしているとU.S.NAVYのロゴが入った消防車が道路に出されていたので、キャイキャイ言いながらじっくり見ました。

f:id:ibara810:20160424232030j:plain

そろそろ片付けるよー、とサイレンを鳴らしながらしまわれていったのも面白かった…

f:id:ibara810:20160424232720j:plain

こちらは郵便局です。
他にも住居施設など、ここが生活の場であることが実感できる建物もありました。


最後に海を眺めながら

「次回はもっと早い時間に来よう」
「あのどでかいピザを食べよう」
「そして次こそ映画を観よう…!」
と今回の反省と決意をしたのでした。

調べたらまた入る機会があるみたいなので、どこかでまたリベンジします。